ウリボウ起きない問題。

私もウサギも疲れ果て、仮眠をとるつもりが思いっきり寝てしまった、ということがたまにあります。

夕食後にちょっと休憩するつもりだったのが、ハッと気づいたら午前0時を越えている。ウリボウをお風呂に入れなければいけないけれど、もう深夜だから明日にしようか、でも赤ちゃんのお肌は皮脂の分泌が活発らしいから体を洗わないといけないし、ていうかウリボウ起きないし、無理やり起こすのかわいそうだし……お風呂入れるの? 入れないの?

深夜に葛藤するはめになります。

結局は「朝に入れよう」という結論になるのですが、「これでいいの? 本当にいいの?」とちょっとした罪悪感を覚えます。

お風呂はパスするにしても、授乳の間隔が空きすぎるのはよくないので、眠っているウリボウにむりやり乳首を押し当てます。でも熟睡しているので飲んでくれません。

「赤ちゃんが寝てしまうときは手のひらか足の裏を刺激するといい」と助産師さんに教えてもらったのを思い出しながら、「飲んで〜! 飲んで〜!」と必死に飲ませました。

仮眠をとって休憩するつもりが余計に疲れたという。夕飯のあとにベッドにごろんするのは良くないですね……。ちょっとだけ休みたいと思ってしまうのですが。

ウリボウは、一度眠るとなかなか起きません。

おむつを替えたり、手足を刺激することで起きてくれることもありますが、むにゃむにゃするだけでおっぱいを吸ってくれないときもあります。しまいには「飲んで〜! 飲んでくださいよ〜!」と懇願するという、策も何もない状況になります。

赤ちゃんの寝かしつけ方も知りたいですが、赤ちゃんの起こし方も調べなきゃです。