離乳食ラビリンス。

6ヶ月に入った頃から、ウリボウの離乳食がスタートしました。

初日、水の分量を間違えて糊のようなおかゆを食べさせてしまいました。記念の写真を送ったところ、両家の母から「おかゆ濃すぎない?」とツッコミが入る始末。迷走を暗示するスタートでした。

毎朝10倍粥を食べさせるものの、すぐに飽きてしまって小さじ一杯も食べてくれない。離乳食教室では、2週目には小さじ2杯とか言ってますけど……? 区の子育て相談に行ってみたら、「女子だからね〜、気も散るよね〜」という謎のアドバイスを頂いたり。それでも毎日続けていると、量は増えませんが、しらすや豆腐、野菜もいろんな種類を食べるようになりました。

煮たりんごを食べさせたときは、オエッとえづいて焦りました。酸味がきつかったようです。味見してみても、そこまですっぱいとは思わなかったのですが、大人ではわからない風味も、敏感に感じるのですね。さつまいもに混ぜて食べさせてみても、りんごは苦手なようでした。

紆余曲折ありながらも、2回食にもなり、軌道にのってきたかな? と思ったある日。

おかゆにほうれん草のパウダーを混ぜてみました。以前勤めていた職場でもらったものなのですが、国産野菜を特別な技術で粉砕し、パウダー状に加工したものです。原材料は野菜100%なので安心。「混ぜるだけで野菜粥ができる」というものでした。

このとき、ほんの少量でも風味がつくものだということに気づかず、私は多めに入れてしまい……ウリボウから、空前絶後のマズ顔を引き出してしまいました。

味見したウサギが、「青汁の味だね」と。



それ以来、ウリボウは一切食事を受け付けなくなりました。シンプルな白粥も、食べ慣れたシラスや豆腐もダメ。顔にシワを寄せて、口をきゅっと結んでそっぽを向きます。

お茶は飲んでくれるので、意思として食事だけを拒否しているのです。なんとかひと口だけ食べても、目を見開いたあとでぎゅっとつぶるような表情を見せました。絶叫マシンに乗ったか、溺れたかのような。

オカンがパウダーを入れすぎたばっかりに……ていうかちゃんと適量を調べてから入れろよ私バカバカ……。

食事自体がいやになってしまったようです。これ以上無理強いして、食べることが嫌いになってしまっても困る。栄養のメインはまだ母乳だし、しばらく離乳食をお休みしようかと思いました。

そんなとき、友人に愚痴という名の相談をしたら、「イノの子だし、さつまいもとかぼちゃとか好きなんじゃない?」と冗談交じりに言われました。

私はいもとかぼちゃを食べると、いい感じに満腹中枢が崩壊します。

「そうだね……最後にオカンの好きなかぼちゃ、食べてみよか」と、ダメ元でかぼちゃがゆを口に持っていってみたところ、おそるおそる口を動かしていたウリボウの顔がパアッと華やぎました。前のめりになって、自分から口を開いてくれます。

その日の夕方にはさつまいもがゆを食べさせたら、同じようにニコニコして食べてくれました。

以前もいもとかぼちゃをたべさせたことはありましたが、こんなに喜んだことはなかったのに。苦い味の記憶を、甘みが塗り替えてくれたのでしょうか。なんでもいい、食べてくれたらなんでもいい!

「いもとかぼちゃが好きなのか〜〜〜〜! そうなのか〜〜〜〜」

食べてくれるだけでこんなに嬉しいとは。食べられる食材増やさなきゃ、バランス良く食べさせなきゃ、と焦っていましたが、楽しくにこにこして食べてくれるに越したことはありませんね。

もうしばらくはさつまいもとかぼちゃを中心にしながら、また少しずつ、食べられるものを増やしていこうと思います。

ああ、ほんとうに焦りました。