スイスチャードと朝採れ卵。

結婚して今の住所に引っ越してきてから2年と数ヶ月が経過しようとしているけれど、日常の生活動線とほんの少し違う道を散歩しているだけでも今さらながら新しい発見があったりする。

例えば自宅から歩いて10分程度の所にある、今ではイノとふたりで「ここはアミューズメントパークだね」というほど気に入っている某スーパーマーケットの存在を知ったのも、引っ越してきて2年が経とうかという頃だった。最寄駅と反対方向というだけで、近所のスーパーマーケットの存在に2年間も気づかなかったのだ。

つい先日も、ごく近所で新しい発見をしてしまった。たまに散歩がてらお詣りする地元の小さな八幡様へ向かう道すがら、何やら野菜の直売をしているところに出くわしたのだ。これまで何度も通っている道なのに、初めて見かける光景だった。

実はこの近所は昔から自分の土地で野菜や果物を育てている家が多く、住宅街の中でも小さく個人で作物の直売をしているのをよく見かける土地柄で、無人販売を含めた小規模な直売はわりと見慣れている。だけどこの日見かけた直売所は、明らかに規模感が違っていた。そしてまだ午前中だというのに、所狭しと並べられた大きなカゴは軒並み空っぽだった。



販売スタッフのおばちゃんと話してみると、毎週決まった曜日に産地直送の野菜を直売している、いつも大人気でオープン前から行列ができる、とのこと。すでに札(ダンボールの切れ端に手書き)だけになった「スイスチャード」や「朝採れ卵」が気になってしまったので、次の直売日に再訪してみた。

さて当日。オープン時刻に到着すると、野菜で一杯の買い物かごをぶら下げたお客がすでに列を作っていた。おばちゃんが言っていたとおりだ。一部の特売品は、まさに早いもの勝ちの様相を呈している。

スイスチャードのマリネ
僕がウリボウとふたりでそわそわしながら見守る中(狭い直売所内にベビーカーで巡回できるほどのスペースはない)、イノがお目当てのスイスチャードと朝採れ卵を無事にゲット。さらにいくつか高コスパな新鮮野菜を購入した。新鮮な野菜や卵が近所でリーズナブルに買えるというのは本当にありがたいことで、リピート確定。

ちなみに朝採れ卵だけは別に安くなかった(むしろ高い)けど、確かに新鮮で美味しかったです。