挿し木にトライしてみる。グリーンアイス編

鉢植えのグリーンアイス。一本だけ横に伸びていた熟枝を元の辺りで剪定した際に、以前からちょっと気になっていた挿し木にトライしてみました。備忘録として、挿し木の手順と管理についてカンタンにまとめます。

グリーンアイスの挿し木

鉢植えバラの挿し木

  • 剪定した枝などから挿し穂を切り出す。
    1. 葉の付け根にある芽を2〜3つ残した長さでカット。
    2. 葉は数枚だけ残して取り除く(葉より芽にエネルギーを回したい)。
    3. 充分に水揚げさせる(メネデールなどを薄めて使用すると良い)。
  • 清潔な挿し木用培養土に挿す。
  • 挿してから1週間ほどは風通しの良い日陰で管理。
  • 水切れを起こさないよう注意する(土の表面が乾いたらたっぷりあげる)。

参考:BOTANICA

今回、水揚げには普通の水を使い、土も挿し木用の培養土などではなく元のグリーンアイスの脇に居候させてもらっています。はたして、無事に根づいてくれるでしょうか……?