たのしいアラ探し。

スーパーの魚売り場に行くと必ずチェックするものがあります。魚のアラです。

アラは骨が多くて食べづらく、下処理にひと手間が必要です。でも家計のお助け食材ですし、なによりおいしいとくれば、買わない手はありません。

我が家のお気に入りのひとつが鯛アラです。潮汁にして食べています。

はじめは料理サイトのレシピにならって、かぶとを2つから3つに割っていました。とはいえきれいに割るのはなかなか難しく、ウサギが手を真っ赤にして割ってくれていたのですがものすごく大変な作業です。

これがイヤになって潮汁をつくる気が失せるのももったいない。

そう思ってあるとき、かぶとを割らずに作ってみました。味に問題はありませんでした。難点は、器に入れたときの見た目に迫力がありすぎるということでしょうか。器の中にみっちり鯛の横顔があるのです。おうちごはんならではの潮汁ということで……。



レシピなど

はじめにアラをよく洗い、水気を拭きます。粗塩をまぶして30分ほど置きます。時間がない時は30分以内で調理を開始してしまうときもありますが、それでも最低15分くらいは置きます。

水気が出てきたら軽く洗い、ボウルに入れます。熱湯を注ぎ、箸でひとまぜして身がさっと白くなったらお湯を捨てます。

土鍋に鯛アラと10センチ角に切った昆布、酒を大さじ2〜3ほど入れ、水をひたひたに入れて弱火にかけます。ゆっくり沸騰させると味がよく出るのだそうです。アクがたくさん出るので、丁寧にすくいます。沸騰したら中火〜強火にして、3分ほどぐつぐつ煮立たせます。しっかりぐつぐつさせると生臭さが消えました。

絹ごし豆腐1パックを8等分に切り、土鍋に入れます。食べごたえも出るし、潮汁の風味に豆腐が合います。

塩と酒で味を整えたら、鍋ごと食卓に持っていきます。吸口に三つ葉があるとすてきですが、長ネギのみじん切りで代用することもあります。もちろん無しでもおいしいです。七味、山椒、すりおろした生姜、柚子胡椒も食卓に並べます。

あっさりとした塩味に、鯛の脂でほんのり甘くなった汁がお腹を温めてくれます。ぷるんとしていたり、ほくほくしていたりと食感もさまざま。少し体調が悪いときでも、これを食べると元気になります。

土鍋が潮汁に占領されているのでご飯が炊けませんが、心配ご無用。

残った汁にお湯と酒、塩を足して煮立たせます。冷凍ご飯を解凍して投入し、溶き卵を回し入れて雑炊を作るのです。これは卵ふわふわ名人のウサギが担当します。

鯛のうまみたっぷりの雑炊に、もみ海苔を落として頂きます。土鍋いっぱいに作っても二人でぺろりです。