皮の再利用。

料理をするたびに、なんやかんや出るのが色々な「皮」。どうにかして再利用できないかと、いくつか試してみました。

大根の皮

細長く切って、醤油とみりんでお漬物。少々辛みがありますが、二日ほど漬けると味が馴染みました。

すいかの皮

硬い緑の皮を削ぎ落とし、白い部分を大根とおなじく醤油とみりんで漬けました。赤い部分がちょっと残ってるのもほんのりとした甘みが出てよかったのですが、ウサギは赤い部分もしっかり落とした方が好みであるようです。

冬瓜の皮

これは無理よね〜、と思って調べてみたら、ありました。冬瓜の皮利用レシピ。これはワタも使います。種は取ったほうがいいのでしょうが、時間がかかったので一緒に入れてしまいました。

硬い部分はしばらく茹で、箸がサクッと刺せるやわらかさにします。細切りにして、ごま油で炒めます。ワタも投入してなじませたら、醤油、酒、みりんで味付けしてきんぴら風に。ちょっと口に残る感じもしますが、これはこれでおいしく食べられました。ごはんのおかずというよりは、お酒のおつまみに向いてるかな(ウサギ談)。

意外だったのがワタのおいしさです。つるんとした食感でおいしい。めんどくさくても種をきちんと取り除いたほうが良さそうです。

引き続き、皮レシピ探していきたいと思います。